ICL手術(眼内コンタクトレンズ)角膜を削らない視力矯正

【LP】ICL手術

 

ICL(フェイキックIOL)手術とはICL(フェイキックIOL)手術とは

"ICL(フェイキックIOL)手術とは

ICL(眼内コンタクトレンズ)は白内障のない方のために、透明な水晶体を残したままで、近視・遠視・乱視を矯正するための眼内レンズです。

レーシックなどの角膜中央部にレーザーを照射する近視矯正手術では、矯正できる近視の度数に限界があり、角膜の厚みが薄い方は手術そのものが行えない場合があります。 ICL(眼内コンタクトレンズ)は、眼の中にレンズを挿入する治療法のため、角膜の厚さや近視の度数と関係なく手術を行うことが可能です。

角膜の内側にレンズが入るため、ハードコンタクトレンズのように日常生活の中でずれてしまったり、汚れから曇ったり、装着の異物感などもまったくありません。裸眼と同じように自然で快適な視界が実現できるうえ、レーシックなどのレーザー手術と異なり、加齢とともに老眼が生じた場合には眼内レンズを取り除いたり、再矯正したりすることも可能です。

ICL(フェイキックIOL)手術とは

ICLの証明書

ICLの証明書

ICL研究会

ICL研究会

当院の院長は、ICL研究会の会員です。
ICL手術をご検討されている方はご相談ください。

 このような方にお勧めです このような方にお勧めです

このような方にお勧めです
 このような方にお勧めです このような方にお勧めです

ICL(フェイキックIOL)の特徴ICL(フェイキックIOL)の特徴

角膜を削らないので 見え方の質が高い角膜を削らないので 見え方の質が高い

角膜を削らないので 見え方の質が高い

ICL(眼内コンタクトレンズ)手術は、視力の回復手術としてレーシックと比較されます。レーシックは角膜を削って近視や乱視を治療しますが、ICL手術は角膜を削らずにレンズを挿入する手術です。そのため、レーシックで一部見られる「近視の戻り」がありません。さらにレーシックに比べコントラストの感度が良好です。

強度近視・乱視にも 対応した治療強度近視・乱視にも 対応した治療

強度近視・乱視にも 対応した治療

レーシック手術では、強度近視や乱視、角膜の厚さや形状の問題で手術適応が難しい場合がありますが、ICL手術では視力矯正できる度数の範囲が広く強度近視や乱視にも対応でき、角膜の厚さや形状に問題があっても治療することができます。

万が一の場合に手術前の 状態に戻すことができる万が一の場合に手術前の 状態に戻すことができる

万が一の場合に手術前の 状態に戻すことができる

レーシック手術は、手術すると角膜を削るので元に戻すことはできませんが、ICL(眼内コンタクトレンズ)手術は、術後に万が一見え方に違和感があった場合、眼に挿入したレンズを取り出すことができます。将来、白内障を患ったとしても、レンズを取り出し、白内障手術を受けることもできます。

お手入れが不要な 永久コンタクトお手入れが不要な 永久コンタクト

お手入れが不要な 永久コンタクト

普段からコンタクトレンズを使用している場合、洗浄液で洗ったり、交換したりメンテナンスをする必要がありますが、ICL(眼内コンタクトレンズ)は、眼の中にレンズを挿入して行う視力回復手術なので、術後のお手入れは一切必要ありません。治療の歴史も長く、長期間安心して使用することができます。

手術後のリスクが少ない手術後のリスクが少ない

手術後のリスクが少ない

レーシック手術では、角膜をめくる(フラップ作成)時に知覚神経が切断されるので、術後に一時的にドライアイを引き起こすことがあります。また、レーザー照射の影響でコントラスト感度が低下し、暗い場所で光がにじんで見えることがあります。ICL(眼内コンタクトレンズ)で手術では、角膜を削らないのでこれらのリスクはほとんどありません。

 レーシックとの比較

レーシック ICL手術
角膜への影響 有(削る) 無し(削らない)
見え方の質(コントラスト感度)
強度近視・乱視への対応
元に戻せる 戻せない 取り出して元に戻せる
ドライアイになる可能性 高い ほとんどない
将来の白内障手術への影響 ほとんどない
治療の歴史 1990年~ 1980年代~
(レーシックより歴史が長い)
紫外線カット 無し 有(UVカットレンズ)
手術費用 両眼:20万円~40万 両眼:60万~80万

コンタクトレンズとの比較

コンタクトレンズとICL(眼内コンタクトレンズ)を長期的に使用した場合のコスト比較は
下記のようになります。
コンタクトレンズは月額4,000円(レンズ、洗浄液など)と仮定し、
ICL手術費用は両目で680,000円と仮定します。
コンタクトレンズを14年間使用すると、ICLと同額の費用になり、
15年を経過するとICLの方がコストが安いという結果になります。
また、日常のメンテナンス、外出時のリスク、通院回数などを比較してみてください。

コンタクトレンズとICL(フェイキックIOL)を長期的にしようした場合のコスト比較は下記のようになります。
コンタクトレンズは月額4,000円(レンズ、洗浄液など)と仮定し、ICL手術費用は両目で680,000円と仮定します。
コンタクトレンズを14年間使用すると、ICLと同額の費用になり、15年を経過するとICLの方がコストが安いという結果になります。
また、日常のメンテナンス、外出時のリスク、通院回数などを比較してみてください。

 コンタクトとICLのメンテナンス・費用比較

コンタクトレンズ ICL手術
日々の洗浄 基本は毎日 不要
外出時のリスク 時折落とす 外れない
通院回数 3ヶ月に1回 年に1回
コンタクトレンズとの比較

初診から手術までの流れ初診から手術までの流れ

step.1 初診

初診初診診察を行い、ICL手術の内容や手術の注意事項について丁寧に説明します。

step.2 適正検査(2回)

適正検査(2回)適正検査(2回)ソフトレンズの方は3日間、ハードレンズの方は1週間コンタクトを中止して検査を行います

step.3 ご契約と手術日程

ご契約と手術日程ご契約と手術日程ご契約後に手術日程を調整いたします。(ご契約日からおおよそ2週間~1ヶ月後の日程となります)

step.4 レンズオーダー

レンズオーダーレンズオーダー検査結果を基に、患者さんのレンズをオーダーします。

手術

ICL手術の概要(後房)

ICL手術の概要(後房)ICL手術の概要(後房)

術後検査

術後検査術後検査※術後点眼は1ヶ月まで

 手術費用について

ICL手術費用(両眼):660,000円(税込)現在、各種割引・期間限定キャンペーン実施中ICL手術費用(両眼):660,000円(税込)現在、各種割引・期間限定キャンペーン実施中

※お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えください

 ICL(Implantable Contact Lens:眼内コンタクトレンズ) ICL(Implantable Contact Lens:眼内コンタクトレンズ)

 ICL(Implantable Contact Lens:眼内コンタクトレンズ)

強度の近視、乱視に対応しています。切開創役約3mmと小さく手術の最後に縫合が必要ありません。また、前房型と違い虹彩の後ろにレンズを挿入するので外からは見えません。前房型より外部からの衝撃に強くレンズが外れにくいとされています。材質はHEMAとコラーゲンの共重合体素材「コラマー(Collamer)」で紫外線カットの効果もあります。

<眼内コンタクトレンズの注意点>

● レンズを発注し到着するまでに少し時間がかかります。(1~2ヶ月)。
● 手術は両眼同日実施し、保護眼鏡をかけ両眼見える状態で帰宅できます。
● 白内障の手術の際は眼内コンタクトレンズを外してから行います。
※手術をご希望の場合は、必ず適性検査を受けていただきます。
※検査結果により使用レンズ及び手術適応かどうか判断いたします。
※その他、詳細については院長及びカウンセリングスタッフよりご説明いたします。

医師・施設紹介

医師:大島 佑介(おおしま ゆうすけ)

医師:大島 佑介(おおしま ゆうすけ)医師:大島 佑介(おおしま ゆうすけ)

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会専門医
  • ICL手術認定医
  • アルチザン・アルチフレックス手術認定医
  • オルソケラトロジー認定医
  • 視覚障害者用補装具適合判定医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼科手術学会
  • アメリカ眼科アカデミ (AAO)
  • アメリカ白内障・屈折矯正学会 (ASCRS)
  • アメリカ網膜専門医学会(ASRS)

ICL(眼内コンタクトレンズ)資格

ICL 認定証

ICL 認定証

医療法人聖佑会 ICL手術ネットワーク医療法人聖佑会 ICL手術ネットワーク

高槻市(西冠)

おおしま眼科クリニック

大阪府高槻市西冠1-12-8

休診日:木曜、土曜午後、
日曜・祝日

072-676-8900
WEBサイトはこちら

高槻市(宮田町)

おおしま眼科宮田町クリニック

大阪府高槻市宮田町1-29-18
たかつき宮田町ビル3F

休診日:木曜午後、土曜午後、 日曜・祝日

072-690-7540
WEBサイトはこちら

八尾市(桜ヶ丘)

おおしま眼科池本クリニック

大阪府八尾市桜ケ丘1-10-2
桜ケ丘クリニックビル2F

休診日:火曜午後、木曜午後、
土曜午後、日曜・祝日

072-975-6011
WEBサイトはこちら

MAPMAP

~幅広い地域からICL(フェイキックIOL)手術のご相談をお受けしています~

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 愛知県

 よくある質問(Q&A)

ICL手術は誰でも受けることが
できますか?

18歳以上から50歳位までのほとんどの方に受けていただける手術です。稀に、ICLを挿入するスペース(眼の前房部分)が狭い方や、眼科疾患がある場合(先に治療が必要)は手術が適応できないこともあります。診察と精密検査を実施することで手術適応可能かご説明いたします。

ICL手術で希望の視力をお願い
できますか?

国家資格をもった視能訓練士と日本眼科学会専門医が、患者さんそれぞれの生活スタイルに合わせた術後視力をご提案します。手術に関する説明に十分ご納得いただいてから実施いたしますのでご安心ください。

ドライアイでも手術は受けられ
ますか?

レーシックでは術後にドライアイが悪化することがありますが、ICL手術では角膜を削らないので、ドライアイになることはありません。ただし、術前からドライアイの方は、術後も引き続き人工涙液の点眼が必要な場合があります。

手術、術後の痛みはないですか?

手術は点眼麻酔を使用しますのでほとんど痛みはありません。ただ、手術中に用いる眼を開けておく器具により圧迫感や不快感が生じることがあります。術後、麻酔が切れた後に軽い痛みが生じることもありますが、時間が経過すれば軽減・消失します。

手術後どれぐらいで視力が安定し
ますか?

手術当日は、ややぼんやりした見え方になります。視力が安定してくるのは、通常翌日~1週間程度となりますが個人差があります。また、眼の状態が落ち着くまで術後1ヶ月間は点眼が必要となります。

レーシックを以前受けています
が、ICL手術はできますか?

レーシック手術を受けた方でも、ICL手術をすることができます。レーシックは時間経過とともに視力が低下することが報告されておりますが、ICL手術を行うことで低下した視力の回復が見込めます。

レンズが目の中で割れたり、ずれることはないですか?

ICL手術では、挿入するレンズを虹彩と水晶体の間に固定させるので、強い衝撃を受けても安定してずれることはほとんどありません。また、レンズは柔軟な素材でできているので眼の中で割れたり破れることもありません。

レンズは曇ったりしませんか?
手入れは必要ないのでしょうか?

ICLは、耐久性や生体適合性にすぐれた素材からできており、曇ったり、汚れたり、することもありませんので手入れは不要となります。

術後、翌日から仕事ができますか?

手術翌日は仕事を休むようにしてください。デスクワークや軽作業の方は手術の翌々日から仕事が可能です。汗をかいたり重労働の方は手術後3~4日は休むようにしてください。スポーツは、ランニングなど軽いものは術後1週間から徐々に行なってください。水泳や激しいスポーツは術後1か月控えるようにしてください。

ICL手術で、老眼も一緒に改善できますか?

ICL手術は近視や乱視、遠視治療に適応していますが、老眼治療ではありません。ICL術後の見え方は、コンタクトレンズの見え方とほぼ同じになります。老眼がある方では、近くを見る時には、コンタクトレンズ同様に老眼鏡を装用する必要があります。

手術は両眼同時に行えますか?

手術は通常、両眼同日に行います。手術後は、保護眼鏡をかけて両眼が見える状態でご帰宅いただけます。

手術費は健康保険の適応ですか?

健康保険適応ではありません。患者さんが加入されている民間保険の給付条件によっては手術代の一部が対象となる場合がありますので、加入されている保険会社に「屈折矯正術の治療」が対象となるか確認してください。

一番上に戻る
期間限定キャンペーン実施中期間限定キャンペーン実施中
高槻(西冠)TEL.072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900
高槻(宮田町)TEL.072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540
八尾(桜ヶ丘)TEL.072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011

医療法人聖佑会ネットワーク

アクセスマップアクセスマップ

~幅広い地域から検査や手術にお越しいただいております~

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 愛知県